恋するデザイン図鑑

elness.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 25日

村上春樹の壁と卵

先日エルサレム賞を受賞した村上春樹の、受賞時のスピーチが好意的に受け取られているようだが、そこに胡散臭さを感じたのは、僕だけだろうか。という思いが何か油濃いものを食べた後のように、不快な気持ちにさせていたのだが、今日の新聞の文芸欄に、斎藤美奈子さんが、その壁と卵の話題を持ち出して、「卵の側に立つ」村上に、「こういう場合に『自分は壁の側に立つ』と表明する人はいるだろうか・・・・作家はもちろん政治家だって「卵の側に立つ」というのではないか。卵の比喩はかっこいい。総論というのはなべてかっこいいものである」とバッサリ切り捨ててくれていた。

おそらく「自分は卵の側に立つ」と表明してみたところで、かっこいいだけで敵には何の動揺も与えはしないだろう。屁のつっぱりにもならないはずだ。そしてこの卵は無視されるか、せいぜいかっこうの標的として、いともたやすく銃弾で打ち砕かれるのを待つだけなのだ。この村上春樹の敵に許される範囲内での、その結果もちろん本人はウスウス自覚していたのかも知れない自己満足的な言葉のいやらしさが、僕を不快にする。もし、のこのこエルサレムまで出かけていって、壇上で敵とにこやかに握手をしてまでも、文学者として許されるスピーチというものが仮にあるとすれば、「僕は壁を破壊する卵としてある」ぐらいのことを言うか、それ以上でなければならない。

エルサレム賞は「社会における個人の自由」に貢献した文学者に隔年で贈られるものらしいのだが、住宅街に砲弾を次々と打ち込み、わずか数週間で千人を越えるパレスチナ人を、ただそこに居るというだけの理由で殺戮しておきながら、どこをどうひねり出すと「社会における個人の自由」などという言葉が出てくるのだろうか。想像力を満ち合わせているならば、これはもう、唾棄すべき対象以外の何ものでもないだろう。斎藤美奈子さんもちゃんと付け加えている。

(それでもイスラエルのガザ攻撃に反対ならば受賞を拒否すべきだったと私は思っているけどね)

村上春樹は、敵に許されるその程度の反対を選択したのだろう。でも、そんなものは言葉の正確な意味で反対といえるのか。
[PR]

by elnes | 2009-02-25 22:48 | ブック