恋するデザイン図鑑

elness.exblog.jp
ブログトップ

2009年 01月 16日 ( 1 )


2009年 01月 16日

人は、パッケージで商品は買わない。

アイデア探しに古い広告批評をパラパラめくっていて、毎号、面白い巻頭論文?を寄稿している橋本治が、2003年3月号では経済問題を取り上げ「アメリカは、住宅価格の値上がり分を担保にして金を借り、国をあげて借金でもってイケイケ・ドンドンで消費している状況だ。これってバブルッて言うんだよね」ということを言ってから「バブルは必ずはじける!ことをバブル崩壊では世界の最先端を行く(泣く)日本の国民として宣言しておきたい」と、まあ、今日から見ると鋭い指摘と予言を5年前にしていた。まるで文学界の金子勝教授だ。その他、ブッシュのイラク侵略には当然の事ながら、これはもう呆れ果てていた。

ところで、パラパラとめくった理由は、この頃、何か目新しかったクリエイティブがなかったものか探していたのだが、やっぱりなかったね。唯一のネタはタグボートが開発の段階から関わって商品化までやったという、当時話題のキリンのG.G.Tea。プリトニーをCMに使って「どうだ、まいったか!」という自信満々の、これもイケイケ・ドンドンの勢いだったが、そう言えば、最近はおろか、ずいぶん前からあのオシャレなデザインを見かけた記憶がない。ちなみにネットの掲示板で街の声をさぐってみると、発売は2003年4月なのだが、その1ヵ月後の5月には早くも

「G.G.TEAのソーダは紅茶の味がほとんどしないですよね、ジュースっていう感じです。そして何よりデザインが素敵。好きですが、あまり周りで見かけなくなりました(早っ)。」「 ほんと、見かけなくなりましたね。昨日も突然飲みたくなってコンビニに行ったのにGGはもちろん、Liptonもありませんでした・・・(涙)」等のカキコが。

b0135738_6232153.jpg
今は昔なのか、キリンのG.G.Tea


人は、パッケージで商品は買わない。僕の場合も例えば、買った本は、まずカバーをはずしてから本棚に並べることにしている。ほとんどのカバーデザインが主張過剰でその結果チープになっているし(きっと、気の毒なほどデザイン料もチープなのだろう)、カバーを取った方がシンプルで気持ちがいい。最近、ただ一つ、カバーも大事にして読んだのは、池澤夏樹個人編集の世界文学全集。第一に、飽きが来ない。それに加えてこの場合、外が内を語り、内が外にまで透過する仕掛けになっているような上質なデザインコンセプトによる一連のカバーデザインが商品(この場合は文学としての価値)と同じくらいのレベルまで上昇し、見事に肩を並べて僕の本棚に収まっている。と思うのは僕だけだろうか。

もちろんのことだが、ホタルイカもうまい。

http://www.hirose-sadahiko.com/2010/03/post-6608.html


b0135738_637671.jpg眼にも気持ちいい、
池澤夏樹個人編集の世界文学全集

[PR]

by elnes | 2009-01-16 06:41 | ウィークリーアド